医師が転職をしたい理由とは?

MENU

医師が転職をしたい理由とは?

医師になるためには、まず大学の医学部を6年勉強し卒業します。

 

卒業後は、研修医として2年間学ぶ事となります。

 

大学生の頃の志した診療科目と、今後やりたい診療科目が変わる医師もいます。

 

そうしますと、転職を考えるようになるのです。

 

その他の理由ですと、周りの環境が変わって働き方を変えたいという理由です。

 

例えば、夜勤がある医師の場合ですが、結婚して子どもが産まれたので子どもが起きている時間に帰りたいという医師もいます。

 

子どもは、土日休みなので土日が休診の病院に転職を考える人もいます。

 

その他には、今の給料に満足していないという理由があります。

 

医師は、働く病院によって忙しさが違います。

 

忙しく働いているんだったら、もっと給料が良い所に行きたいと考える人も多くいます。

 

そして、今働いている病院の経営があまりうまくいっていなくて、給料が増える見込みがないという人も将来を見据え、転職を決意する人もいます。

 

その他には、開業を考えている人です。

 

総合病院や大学病院ですと、開業するための経営を学ぶ事は難しいですが、個人病院ですと、どのくらいの規模でどれだけの収支が見込めるか学ぶ事ができます。

 

また、人間関係に、疲れてしまった場合の医師転職も多いでしょう。

 

病院の世界でも、人間関係はもちろんあります。

 

折り合いのつかない上司や、看護師との関係が悪く悩んでいる医師もいます。

 

医師転職をするのなら、情報量が多い転職サイトなどを利用してみると良いでしょう。