医師転職の決定版

MENU

うまく志望動機をアピールするには

医師の転勤活動が成功するかどうかのポイントにはいくつかありますが、その中の1つが志望動機です。

 

転勤をする場合は希望する転職先に履歴書や職務経歴書を提出しますが、その中に志望動機を記入する欄が必ずあります。

 

限られた文字数でどれだけ自分をアピールすることができるかどうかが転職の成功に大きく影響することになります。

 

医師の志望動機は人それぞれです。

 

職種で言えば、これまで医師として働いてきた経験がより生かせる職場に転職したいという人もいれば、新しい分野に興味を持ってあらためて勉強しなおしたいというために転職するという人もいるでしょう。

 

働き方についても、あまりの激務で休みが取れないからもう少しゆとりのある生活を求めて転職する人もいれば、もっとお給料を稼ぎたいから待遇の良い職場に移りたいという人もいます。

 

このように自分の求める条件というものを病院側にしっかりと伝えて上手に自分をアピールすることが重要になります。

 

医師転職の志望動機をどうやって書いたら分からないという場合には、転職情報サイトのコンサルタントを上手に活用してみましょう。

 

転職情報サイトには医師転職に詳しいコンサルタントが常駐していて、どのように志望動機をアピールすれば良いのかといった内容についてアドバイスをもらうことができます。

 

しかも、転職情報サイトに無料で会員登録するだけでコンサルタントを利用することができるので費用面での心配が一切必要ないというのも便利なところです。

 

積極的にコンサルタントを活用するようにしましょう。

医師転職で失敗させないための方法とは?

医師として働いている人の中には、転職を考えている人もいるでしょう。

 

しかし、医師転職はしっかりと考えてしないと失敗してしまう事もあり得ます。

 

慎重に考えてから、転職活動をするようにします。

 

まず、医師の転職市場を知る事です。詳しくはこちら→医師募集

 

転職は、採用する側がいなければ成り立ちません。

 

自分が診察したい科目や、勤務地がどのくらいあるか、まず調べてみます。

 

地域によっては、医師が多い場所や少ない場所があります。

 

詳しくはこちら→医師求人募集なら

 

多い地域では、求人がそもそも少ないですし、出ても倍率が上がるだろうと予想が付きます。

 

次に重要なのは、求人のニーズとマッチングしているかどうかです。

 

転職となると、それなりのキャリアを求めてくる病院ももちろんあります。

 

前職で何を学び、それなりのキャリアをつめているか採用側は重要としている所は多いです。

 

病院によっては、人が足りず医師の免許があれば採用という所もあるようですが、ほとんどの病院は中途採用の方にキャリアを求めています。

 

安易に転職をしても、失敗してしまう可能性が高くなりますので注意が必要です。

 

実際に採用側が何を求めているのかというと、医師としての技術はもちろんの事、コミュニケーション能力や人間性を重視しています。

 

病院経営は、患者さんが来てくれるから成り立っています。

 

患者さんに対して、不愛想だったり傲慢な態度を取っていると二度とその病院には来なくなり、病院の評価も下がってしまいます。

 

そのため、採用側は人間性やコミュニケーション能力を重視している所が多いです。

 

それらをしっかり頭に入れ、転職活動をすればご自分の納得がいく病院を探す事ができるでしょう。